陶 key ring

 

 

 

 

 

本革に薄めのタイルを貼り付けた、存在感のある大きめキーホルダー。色つきVer.と乳濁色Ver.の2種類。色つきVer.は、黒土に色泥をいっちんと言う技法でレリーフ状に装飾し、透明釉を薄めに掛け焼成。乳濁色Ver.は、黒土に黒泥いっちんで装飾し、乳濁色の釉薬で焼成。どちらも表面にスワロフスキーをあしらってます。革の裏地にはステッチされてる布。タイルの縁が何かに当たらないよう革はタイルより一回り大きめに切り、最後にリングをつけてキーホルダーとして仕上げました。革の縁は切りっぱなしです。<H10~11.5*W6~7*D0.7cm>